笑いある人生

毎日少しでも笑って過ごせたら幸せですね。[笑涯笑顔]を目指して生きていきたいものです。


無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バスの衝撃!!

バスはすごかった。

地元のメジャーレイク?メジャーポンド?まあメジャーということで・・。岐阜の地は朝晩の冷え込みがハンパなくなってきました。気温は5℃くらいでまあ寒い。家でもヒーターなしにはなかなか着替えもきつくなってきた。そのおかげで紅葉がとても綺麗である。秋も深まってきたと感じる今日この頃。紅葉狩りではなく・・バス狩りへ!!

5時半に外に出るも「あれ?」

暖かい。これは期待できる。と準備。

6時ちょうどに出船。いつもどおりに反応のいい場所から攻めようか。ということで桟橋が続くシャローエリアから攻めることに。

私のタックル

ロッド:グライド1506
リール:五十鈴BC720
グリップ:レジオン
ライン:加藤さんお勧めライン
ルアー:ジョイバド

裕也君のタックル

ロッド:S-3
リール:五十鈴BC720
グリップ:ブッチャーグリップ
ライン:A-LINE
ルアー:ジョイバド

前回の釣行からジョイバドで釣れるイメージがあってジョイバドでの開始。まあまだ釣ったことがないのにいいイメージがなぜかある。

最近アカシにはまっている裕也君は今シーズンはもうアカシルアーしか使わないとか言っていたのになぜかジョイバド…。

開始5分。40センチのナイスバスを裕也君が手にする。

桟橋に沿って藻が浮いている横でのバイト。4回ほどの首振り後に。

どうしても声が出なくなってしまうらしい。無言での合わせに無言でのバスとのファイト!!以前50はあったであろうバスをジャンプさせてばらしているのではじめからロッドを水中に入れてのゴリ巻き!!

もうばらしたくない。

俺も興奮して立ち上がる。(なぜ?)水中でギラギラと体を光らせて暴れるバスに隙を与えないままにこちらのペース・・・と言いたいがゴリ巻き、抜き上げでバスを手にした裕也君。

0221.jpg

めちゃめちゃかっつこいい色!!これこそブラックバス!!って感じで大好きだ。40には見えないんじゃないかな?
開始五分での結果にびっくりと焦りを隠せない自分がいた。

いつもは途中に誰かが釣るか、自分が先に釣っていたからこんな展開は初めて。

心の叫びが聞こえた。

(マジかよ~・・・。裕也君釣るの早いよ~。これで今日終わりとか勘弁してくれよ~。)

弱気な自分。

季節は11月半ば。気温も寒い。周りの友達は寒いしもう釣れんやろ!!という中で裕也君は釣った!!確かにめちゃくちゃ焦った自分はいるけど・・・まだまだ釣れるやないかーい!!ってことを証明してくれたし、ともに興奮し、喜んだ。

じゃあ次は俺の番という気合を入れなおしてスタート!!

焦ってキャストが決まらないかと思えば二人してバンバンとキャストが決まる!!奥に奥にぶちこめるだけのキャストができている。あとはバスのいるところを感じてそこにキャストするだけだ!!

約40分後その時は訪れた。

ジョイバドをキャスト水没した木の手前にキャストして数アクション・・・・・そこからのただ巻きに・・・ひったくっていくバイト!!

「よっしゃー!!」

お決まりの文句。意識してないのになぜか出ちゃう。

今までにない初の二人してバスを手にすることができるのか?そんなことから急いでゴリ巻き!!

あれ?あまりでかくないな。ということが確認でき、手袋をしていた私はその手袋を歯で取りハンドランディング体勢に!!抜きあげたくない!

だってハンドランディングがかっこいいもん

たったそれだけの理由。そこでバラせばジ・エンド。でもこだわりたい。

興奮はしているが冷静に対処できている。我ながら少しはうまくなっているなと実感。

キャッチ!!

0251.jpg


やったー!!二人で大喜び!!

裕也君はばんざいしている!!ハハハ☆やりすぎでしょ!!でも素直にうれしい。今はサイズよりもただただ手にできたことに感謝。

38センチの綺麗なバス。

しばし余韻に浸る二人。

時間はまだ7時!!では50を狙いに行きますか!!

トラウト狙いの人が多く攻めるポイントが絞られている。しかし、二人は余裕をもって釣りができた。

さらにキャストが決まる。

オーバーハングの木は葉っぱが落ちてさらに奥までキャストが可能になっている。

バック糸井川!!サイド牧野!!なんてふたりで笑いながら釣りができるのもバスを手にしているから。いいねこんな余裕をもっつての釣りは。

九時半手前の木を越えて最奥にキャスト。しかし引っかかってなかなかうまく落ちない。少しゆすり静かにお尻から着水を・・・・と思った瞬間にまたしてもひったくっていくバス。すかさず合わせ!!乗った!!暴れるバス!!しかし木をまたいでいるために抜くことはできない。

裕也君はただ見とれている。

「裕也君!!寄せて!!寄せて!!このバスは裕也君にかかっているよ!」

と今考えると何様であるかの発言。二人がバスを手にしてから操船を変わったので裕也君にかかっていると言っちゃったのかな?ハハハ☆

近づくと急に走りだすバス!!とにかく二人して焦ってランディング!!もちろんハンドランディング!!やりました!!

0311.jpg

つかんだ瞬間にこの顎の割れ方は以前釣ったやつだとわかった。まあでもうれしい。
このバスは二人で釣ったバスである。今考えると自分が操船してての状況だったらバラしていたかもしれない。まあガっツリフックアップしてましたが。裕也君マジでありがとう。

チェスト114のタイニートーピードでやりました。

喉の奥に何か引っかかっている。フックか?はずしてやろうとレザーマンで引っ張ろうとよく見ると・・・

驚愕の事実が…・。

まさかバスが…・。

こんなものを食べるなんて・・・・。

それは鳥でした。

20081117005505


バスは鳥も食べちゃうの?あの足と尾のかんじから推測してもスズメくらいのサイズ。

裕也君と盛り上がったのはその鳥を食べた時のシチュエーション。

どうやって食べたのか?木に止まっている鳥に飛びついて食べたのか?弱って水に落ちた時に食べられたのか?など想像だけでめちゃくちゃ盛り上がった。

だって鳥を食べるなんて知りませんでしたから。衝撃です。

今回の釣行でもわかったとおりうやはり奥の奥にキャストできないとバスは釣れない。

ただ一匹目のようにポイントから離れたところで釣れたこともあるのでアピールの強いルアーは引っ張ることができるのか?でもしっかりとキャストが決まればバスが釣れることはわかった。

まだまだいける。秋の荒食いを体験したい。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/17(月) 00:32:52|
  2. トップ道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒシモールにて。 | ホーム | エキスパート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ganndhini.blog49.fc2.com/tb.php/283-a9a2dbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

空飛ぶ落合人

Author:空飛ぶ落合人
サッカー、トップの釣り、料理、ファッション、サーフィンなどを趣味にしています。
長い学生生活にさよならを告げ、新社会人としてスタートしました。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

占いブログパーツ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。